So-net無料ブログ作成

【レビュー】実打可能:練習用の竹バット 少し軽めのトレーニングバット(野球専門店ムサシ) [生活用品]

【レビュー】少し軽いトレーニングバット▼重いバットはスイングが遅くなるリスクあり◆軽いバットでバッティングフォームを意識して素振りする◆実打可能なバットで、トスバッティングやティーバッティングにも使える◆
 01trainingbat_banboo.jpg
  竹製のトレーニングバット◆積層構造◆サンドイッチ構造◆
 
少年用のトレーニングバットをネットで探索。
価格はそれほど高価でないものの、
重量が約800gと重いため、
体が小さい息子には重すぎることが気になっていました。
 
ネットで調査すると、軽量で竹を張り合わせた材質のバットを発見。
値段もお手頃だったので、さっそく購入してみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
02leagstarバット実打可能.jpg
硬式・軟式 実打可能な竹バット(少年用タイプ)
 
 
03リトル用竹バット.jpg
商品ラベル。本体素材は竹。
ポイントは、重量:730g平均 と軽めである点。
 
また、原産国は日本製。
LBK-14/9L 大阪市中央区谷町4丁目5-8 ヒロウン株式会社 電話06-6945-3939
LEAGSTAR
 
 
04バットの先端.jpg
バットのヘッド。竹の積層構造が寄木細工のようになっているのが見えます。
 
 
05バットのグリップ.jpg
グリップエンド
06バットのカーブ.jpg
グリップ部分のカーブ
 
滑りが気になるようであれば、グリップテープを貼ってもよさそうです。
 
07バットの芯.jpg
中央部
 
 
08LBK1479Lバット.jpg
芯の部分。硬式ボールでは、芯を外して打つと手がしびれます[ふらふら]
 
 
 
半年ほど使いましたが、芯の部分にボールの汚れが付くぐらいで、耐久性や変色の問題もありません。
  
 

<関連サイト>
 
 
 
 


<楽天市場>

・こちらのお店から買いました。




この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。