So-net無料ブログ作成

【列車・高速バスで動画鑑賞】 ハンドルに取り付けるスマートフォンホルダー&ノイズキャンセリングレシーバー [生活用品]

【レビュー】スマートホンやタブレットを座席の背面に取り付けるスマートホンホルダー。◆本来は車のハンドルに取り付けることを想定したホルダー(危険!)のようですが、高速バスや自動車のシートの背面に取り付けるのにちょうどよい仕様です。◆ゴム面のカバーがついたホルダーで挟み込むタイプ。かなり強い力でガッチリ挟むので、落下の心配はありません。むしろ、外す際にちょっと力が必要です。◆飛行機の背面にある液晶テレビと同じような感じです。◆
 09高速バスシートのハンドル.jpg
 
 スマホの動画を高速バスや電車の車内で楽しめるスマートホンホルダーを購入。
 
iPhone・iPad・iPod・アイフォン6・エクスぺリア・Xperia・スマートホン・Galaxy・サムソン 
本来は車のハンドルに取り付ける想定なのですが、バーがあれば取り付け可能です。
高速バスだとバーが細い場合があるので、その時はハンカチなどを巻くとしっかり固定できます。
 
 
12列車のテーブルにiphoneを.jpg 
新幹線や特急列車のシートにはハンドルがないので、テーブルの背面に取り付け。
 
テーブルでゴム部品を挟みます。
 
 
10高速バスや特急列車でスマ.jpg
 
スマホやタブレットと合わせて購入したいのが、ノイズキャンセリング機能付きのイヤホン
 
 
本来はウォークマン用のワイヤレスイヤホンですが、
Bluetooth接続なので、iPhoneやタブレットなど、なんでも対応します。
以下、スマートホンホルダーの詳細です。
00ハンドル取付スマートフォ.jpg
 
iPhone6を挟んだ状態
 
 Car Steering Wheel Phone Socket Holder◆直径約30mmのハンドル径に対応◆55~86mmまでのスマホに対応。◆iPhone6,iPhone6 Plusに対応。
 
Zibra
01car_steerging_wheel_iphon.jpg
 
パッケージ 表面
 
02ステアリングホイール用ス.jpg
シリコンパッドでデバイスを挟むので、傷がつきにくい構造
 
パッケージ裏面
 
 
 
 
03iPhoneとの比較.jpg
 
ホルダーの背面
 
 
04取り付け側の様子.jpg
 
ホルダーの表面。赤いバーをグッと広げます。
 
05iPhone6を挟んだ状態・スマ.jpg
 
挟む部分はゴムで覆われているので軽くめり込む感触
 
 
 
 
挟む対象となるスマートホンは幅80㎜が限界。無理に頑張れば83㎜まで開きます
06スマートフォンフォルダー.jpg
 
 
 
06iphoneを挟んだ状態.jpg
 
爪が先端についているので、テーブルに挟んでひっかけることで固定可能。
 
 
 
00ハンドル取付スマートフォ.jpg
 
ハンドルに取り付ける際には、ゴム先端の黒いバーを爪にひっかけて固定。
 
11MDRNWBT20NとiPhoneをブル.jpg 
 
ノイズキャンセリングイヤホンをBluetoothの設定画面で接続。
 
ヘッドホン側で音量調整・早送り/巻き戻し、頭出し/曲飛ばしが可能。
 
 
 
バスや列車だけでなく、車のシートにも取り付け可能。
 
09高速バスシートのハンドル.jpg
08ヘッドレストの穴にバンド.jpg
07ヘッドレストにフマートフ.jpg
 車でもヘッドレストのバーに通したり挟んだりして固定可能。
 

<Amazon>
・ステアリング スマートホンホルダー(660円)
・ワイヤレス ノイズキャンセリングレシーバー (Bluetooth接続)
 →ノイズキャンセリングの効果は絶大!飛行機・列車・バスの車内ではおすすめ!!

 
SONY ワイヤレスノイズキャンセリングレシーバー ブラック MDR-NWBT20N/B

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングレシーバー ブラック MDR-NWBT20N/B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス

【関連記事】高速バス・夜行の高速バスで快適に過ごす方法◆3列シートのバスを取る◆スマホやタブレットの動画を楽しむ◆アイマスク・空気枕・耳栓・腰当てを使う◆最前列もしくは最後尾のシートを予約する◆疲れにくいシートは、真ん中の窓側
【疲れない座り方】最大でリクライニングする方がいいという人と、まったくリクライニングさせないで深く腰を掛ける、という人がいる。わたしは後者の、垂直に立てたシートに深く腰掛けて座る方が疲れにくいと感じます。◆首は安定しないと眠った時にカクッとなって痛くなるので、空気枕は必需品◆耳栓・アイマスク・スリッパもあると便利◆眠るためには、体をなるべく締め付けない服装が理想◆室内温度に合わせて服を着たり脱いだりしやすい方がよい◆音楽を聴いてリラックスるのも大事。ノイズキャンセリングのイヤホンやヘッドホンを使うと、眠りに集中しやすくなります。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。